FC2ブログ

記事一覧

ビットコインを理解する

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


こんにちはクリクリプトンでっする(^-^)/

最近友達に「ビットコイン買いたいんだけどよくわかんない。そもそも仮想通貨ってどーゆー仕組みなの?」と聞かれました。

確かに僕も仮想通貨についてはじめ自分で色々調べていたときはトランザクションやらブロックチェーンやら聞きなれない言葉で説明しているサイトばかりでなかなか理解するのに苦労しました・・・( ノД`)まぁ今もそこまで深く理解しているわけではないんですが。


仮想通貨を理解するためにはまずはビットコインを理解する必要があります。
何故なら一番最初に誕生した仮想通貨がビットコインだから。


2009年、ネット上の匿名掲示板に「サトシ・ナカモト」と名乗る謎の人物がある論文を投稿しました。
タイトルは「ビットコインP2P マネーシステム」。論文の内容を簡単に説明すると非中央集権型で国に干渉されず銀行を介さずにp2pで送金できるインターネット上のバーチャルな通貨を作ろうぜ!そしてブロックチェーンって仕組みを使って絶対にデータを改ざんできないように出来るんだぜ!!みたいな感じです(適当)
この論文に感化された技術者達が集まって作られたのがビットコイン。ちなみにサトシ・ナカモトの正体はわかっていません。
個人なのか組織なのか、どこの国の人なのかも謎に包まれておりやす(゚△゚;ノ)ノ


非中央集権ってのは管理主体がないってことね。例えば法定通貨、僕らが使ってる日本円は日本政府に管理されてますよね。
日本政府の金融政策で日銀が沢山お金を刷ったり、お金を刷るのをストップしたりして流通するお金の量を調整したりするわけです。

ビットコインは管理主体がなく、元々のプログラムで発行枚数が2100万枚と決まっているのでそれ以上は流通しません。
市場に流通する数を制限することで価値を保てるわけです。この仕組みは金に似てますね。
また、P2Pで直接送金できるので手数料がかかりません。(厳密には手数料は任意の額を設定できて、手数料を払った方が送金が早いのですが、これは次回解説します)


P2Pというのはサーバーを介さずにクライアント同士で通信してデータのやりとりを行います。LineとかKakao、SkypeなんかがP2Pのシステムですね。

pics2470.jpg

これが従来のクライアント/サーバー型のイメージ。例えばホームページを見るときにクライアント(普段我々が使っているPCやスマホ)はサーバー(クライアントの要求に応じホームページを見せるというサービスを提供する)にアクセスしているわけです。
このブログを見てくれている方も今FC2のサーバーにアクセスしているということです。

pics2471.jpg

これがP2Pのイメージ。クライアント/サーバー型ではサーバーにアクセスが集中するとサーバーや回線がダウンしてしまうこともありますしサーバーの障害によってサービス全体が停止してしまいますが、P2Pではネットワーク上のどれか1台のPCに障害が発生したとて、それが全体に影響を与えることはありません。






そしてビットコインが改ざんできない理由がブロックチェーン技術。これは素晴らしい技術なのですが説明すると長くなるので次回書きます・・・・。眠くなってきた・・・・。今日はここまで・・・ほなまた・・・( /ω)






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント